科学する心・創造する力を培うサイエンスの体験学習なら日本総合教育舎

Jr科学博士コース

  • HOME »
  • Jr科学博士コース

Jr科学博士コースとは?

Jr科学博士コース「作る」「実験する」「創造する」などの『科学する心』をベースにカリキュラムは編成されています。 「年間スケジュール」より興味のある研修を選んで参加することができます。 対象学年 幼稚園(年中・年長)、小学生 研修日 土曜日、日曜日、祝日の1日研修 ノート作り 研修ごとにノートを作り、学びます。専用ファイルを利用し、いつでも学びの足跡をみることができます。 気持ちは博士 室内研修では、白衣を着用し研修を行います。

教育理念

~教科書の外に真の教科書がある~ Jr科学博士コースは「体験教育」を年間通して実践し、創造力を育成する我が国唯一の教育機関です。春から秋にかけては海や山、農村や伝統工芸の施設へ出かけ、自分たちの目で見て、触り、制作したり、農家の人や職人より直接指導を受け、様々な実体験を行っています。冬季には室内にて、身近なものの化学実験や食べ物の科学、半田ごてを使ったエレクトロニクス工作など科学の不思議に挑戦します。 子供達の可能性は無限大です。 どれだけたくさんの体験、経験を積むかによって将来が大きく違ってきます。人の将来を決めてしまうのは『出会い』といわれています。どんな人も、いつでもたくさんの出会いがあります。 しかし、体験や経験がなければせっかくチャンスがありながら、気づかないまま素通りしてしまいます。 toda_imageJr科学博士コースの内容は科学をベースに理科や社会、算数はもちろん多岐に及んでいます。中学や高校レベルの内容も珍しくありません。まさに「総合学習」そのものです。感激や感動、驚きに子供たちは目を輝かせて参加しています。まだ、自分の意志で将来を考えられない時期に、親の意志で塾などへ行かせ、創造力の芽をつみ取ってしまうのはどうでしょうか。本当の勉強は中学、高校からです。 特に、小学校の教科書に盛られていることがらは、人生の基礎となる重要なものです。そのためには、正確に習得し応用面にも意をこめねばなりません。だからといって、教科書、参考書を丸暗記させてもダメです。教科書の中身はすべて実社会と深いかかわりあいを持っています。生きた実社会を見せ、体験させ、これを再び教科書中心に整理する。 これがJr科学博士コースの教育理念です。

日本総合教育舎代表 戸田憲久

指導のポイント

研修では次の7ポイントに重点を置いて指導します。

  1. :輝いた眼、生き生きした眼は、心の安定、洞察力を計り知ることができます。
  2. 背すじ:背すじは生活のはり、根気、集中力をあらわします。
  3. 挨拶:誰とでも自然に気持ちよくあいさつができる。
  4. 野次馬根性:何にでも興味を持ち、行動できる。一体感、臨場感を持つことができる。
  5. 食欲:好き嫌いなく、たくさん何でも食べることはバイタリテイーの源です。
  6. 友達:たくさんの友達と楽しく仲良く付き合える。
  7. 話を聞ける:日常生活の基本です。あらゆるところで大きな差となって現れます。

小学生には体験教育が必要です!

jr_image03Jr科学博士コース小学生の時には勉強の基本や原理を体験的に身につけておくことが大切です。 しかし今の小学生は塾や受験のため、基本のことより問題を解くためのテクニックなど小手先の勉強で満足感を得てしまっています。これでは中学・高校生のいずれかの時につまづき、挫折感を味わってしまうことでしょう。小学生の時には、作業や実験を通し行動することによって本当の知識を身につけていくことが重要です。 ジュニア科学博士コースはそのような体験学習を実践する場です。 山川岩五郎 元港区立桜川小学校校長 元全国小学校理科研究協議会会長 小学校理科教科書 著作

恩師山川先生は平成18年に94歳で亡くなられました。日本の小学理科を築かれた方です。 私は遺稿集「科学する心」の編纂をさせていただきました。 小学校理科教育に一生をささげられた山川先生ですが、学校教育の限界も常に語られていました。 「Jr科学博士コース」は山川先生が理想とした学校教育の枠を超えた「体験教育」の実践場であると確信いたします。

戸田憲久

Jr科学博士コーススケジュール

※(小)は小学生のみ、(幼)は幼児のみのクラスです。(小)(幼)のないコースは小学・幼児共通の内容、参加できます。

4月
曜日 テーマ 内容 備考
2 【算数ゲームに挑戦】
ハノイの塔とマンカラ作り
カブト虫は6月頃に蛹になり、7月には成虫になります。 成虫は晩夏に卵を産み死んでしまいます。幼虫から成虫になる生態を観察しよう。 室内研修 AM10:00~PM4:00
3 【数学の脳を鍛える】
正多面体と展開図
カブト虫は6月頃に蛹になり、7月には成虫になります。 成虫は晩夏に卵を産み死んでしまいます。幼虫から成虫になる生態を観察しよう。 室内研修 AM10:00~PM4:00
4
5

【ラジオの仕組みを科学する】
スピーカーラジオ作り
[2日間]
カブト虫は6月頃に蛹になり、7月には成虫になります。 成虫は晩夏に卵を産み死んでしまいます。幼虫から成虫になる生態を観察しよう。 室内研修 AM10:00~PM4:00
10 【立体地図を持って】
鎌倉探訪
立体地図を持って鎌倉を訪れます。鎌倉の山や切り通し、由比ヶ浜など子供達でも分かる歴史の旧跡を訪れます。段葛、櫓など科学の目で探訪します。 野外研修 AM9:00~PM5:00
11 【春の野草でお餅つき】
ヨモギの草もち作り
春の野原にはヨモギがたくさん自生しています。みんなで摘み取ったヨモギでお餅つき。おばあちゃんに負けないおいしいヨモギの草もちを作ります。 野外研修 AM9:00~PM5:00
11 【空気の科学】
ホバークラフト作り
ホバークラフトには車輪がありません。空気の力で浮上して走る便利な乗り物です。どのような仕組みか、ホバークラフトを作り、走らせてみよう。 室内研修 AM10:00~PM4:00
17 【森林探検隊-①】
カブト虫の幼虫探し
晩夏に卵を産み、2回脱皮をして3令幼虫で冬を越します。春になると土の中で活発に活動し、6月にさなぎになります。幼虫から成虫まで観察しよう。 野外研修 AM9:00~PM5:00
18 【飛行機の仕組み】
三角翼ヘリを飛ばそう
三角翼ヘリは、ヘリコプターのように真っ直ぐ上昇します。横に向けて飛ばしてもすぐ上昇します。どうして上に向かって飛ぶのか?飛ぶ仕組みを調べます。 野外研修 AM9:00~PM4:00
18 【絵本の世界】
ぐりとぐらのお菓子作り
ぐりとぐらの絵本を思い出して。森の仲間と食べた「黄色い大きなカステラ」とすみれちゃんと食べた「かぼちゃプリン」、みんなで作ってみよう。 室内研修 AM10:00~PM4:00
24 【からだを科学する】
フィールドアスレチック
池の上をターザンになった気分で挑戦したり、幼児から大人まで難易度の違う器具が40基もある中で楽しめる、冒険いっぱいの一日を堪能します。 野外研修 AM9:00~PM5:00
25 【森林探検隊-②】
カブト虫の幼虫探し
カブト虫は6月頃に蛹になり、7月には成虫になります。 成虫は晩夏に卵を産み死んでしまいます。幼虫から成虫になる生態を観察しよう。 野外研修 AM9:00~PM5:00
29 【竹の不思議】
竹の子掘りに挑戦
タケノコは1日で1m以上伸び、3ヶ月で成長し、それ以降、伸びることも太くなることもありません。タケノコ掘りに挑戦し、竹の不思議を調べます。 野外研修 AM9:00~PM5:00
5月
曜日 テーマ 内容 備考
8 【牛乳パックの秘密】
ホットドッグを作ろう
牛乳パックに具を挟んだパンを入れ、牛乳パックに火をつけます。燃え尽きたらホットドックの出来上がり!どうしてできるのかな?できる秘密を調べます。 野外研修 AM9:00~PM5:00
9 【釣りを科学する】
マス釣りに挑戦
ニジマスは食いつきがよく、引きも良いため、「釣ってたのし・食べておいし」魚です。マス釣り池で釣りの醍醐味と釣ったマスの塩焼きを体験します。 野外研修 AM9:00~PM5:00
9 【スライムの不思議】
スーパースライムを作ろう
スーパースライムは3階から下まで届く超のびるスライムです。どうしてそんなに伸びるのかな?光るスライムも作り、スライムの不思議を実体験します。 室内研修 AM10:00~PM4:00
15 【望遠鏡の科学】
ガリレオ式望遠鏡作り
望遠鏡にはケプラー式とガリレオ式があります。対物レンズに凸レンズ、接眼レンズに凹レンズを使ったガリレオ式望遠鏡を作り、里山の生物を観察します。 野外研修 AM9:00~PM5:00
16 【田んぼと稲作】
田植えに挑戦
毎日食べているお米はどのように作られるのでしょう。お百姓さんから指導を受け、田植えに挑戦します。苗を持ち帰ってバケツ栽培もおこないます。 野外研修 AM9:00~PM5:00
22 【砂鉄の不思議】
動くスライムを作ろう
砂鉄を海岸で採取し、砂鉄入りスライムを作ります。砂鉄は鉄なのにさびないのかな?砂鉄入りスライムは磁石を近づけると角を出したり動いたりします。 野外研修 AM9:00~PM5:00
23 【養蚕農家を訪ねて】
カイコの飼育と糸つむぎ
養蚕農家では50,000頭もカイコを飼育しています。カイコに餌をあげ養蚕農家の一日を体験します。繭玉からスピンドルで糸つむぎにも挑戦します。 野外研修 AM9:00~PM5:00
23
(小)
【電子工作】
ビックリ宝箱作り
ふたを開けようとすると”ビリッ”としびれてしまう警報装置のついたビックリ宝箱を作ります。トランジスタを使った電子工作の基本を学びます。 室内研修 AM10:00~PM4:00
23
(幼)
【電気の通り道】
すり抜けゲームを作ろう
クニャクニャ曲がった針金の道を、小さな輪ですり抜けていきます。ゴールに無事到着するとライトがピカッ!ブザーも鳴ります。電気の通り道を学びます。 室内研修 AM10:00~PM4:00
29 【貝を化学する】
潮干狩りと貝の化学実験
アサリなどは2枚の貝殻を持っています。貝殻は何でできているのかな?大きくなるのかな?潮干狩りで取った貝殻で化学実験をし、貝の不思議を調べます。 野外研修 AM9:00~PM5:00
30 地引き網と砂像作り
(家族で参加できます)
力を合わせて地引き網に挑戦します。捕れた魚や生物は海洋学博士「山田和彦」先生が解説します。砂浜では「砂像作り」コンテストに挑戦しましょう。 野外研修 AM9:00~PM5:00

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © Nippon Association of Scholastic Achievers. All Rights Reserved.